優良求人が見つかる公認会計士のための転職サイトなび

公認会計士の転職をサポートする優良求人掲載サイトを紹介しています。

 

ミスマッチを防ぐためのポイント

公認会計士が転職を成功させるためのポイントを紹介しています。

転職の成功/失敗ポイント【公認会計士編】

近年、転職を志す公認会計士が増加しています。コンサル会社や一般事業会社など、就業先の選択肢が増えたことが影響しているのでしょう。

とはいえ、勇み足は禁物。企業とのミスマッチが生じた場合、せっかく転職しても満足できない結果となってしまいます。その理由を考えてみました。

給与額のギャップ

考える女性医師や弁護士と並び称される公認会計士の資格。監査法人などで5年前後の実務を行った人の場合、昇給経験があることも多く、希望年収を比較的高額に想定しがちです。

しかし、会計事務所や一般事業会社では、前職の経験がさほど高く評価されません。

前途有望な人材と認めてはいても、自社の業務はあくまで未経験という前提で、前職並みの給与を設定されることが大半。年収アップを見込めない場合も多いと認識しておきましょう。

逆に「公認会計士」という条件にこだわりすぎる企業が、高額な給与を提示する場合にも、ミスマッチの危険が。思惑通りの働きを実現していないと判断されると、両者の関係が悪くなることは目に見えているからです。

転職の際は、前職の年収やポジションを参考に求人票を確認し、折り合えるポイントを探るようにしてください。

「即戦力」という評価に注意

公認会計士の転職希望者が、これまでの経験があまり評価されないことにジレンマを感じている場合、「即戦力募集」という文字に魅力を感じてしまうことがあります。

とはいえ仕事内容ばかりを重視しすぎると、社風や経営理念のチェックがおろそかとなり、ミスマッチが起きる可能性があります。

こうしたケースには、もちろん企業側にも責任があります。求職者のスキルだけでなく、志望動機や性格、そしてキャリアプランをきちんと確認する必要があるからです。

転職先は仕事をこなしながら、毎日の大半の時間を過ごす場所でもあります。心地よく働けるかどうかも大切な要因になってくることを、忘れずに。

転職を成功に導くサービスを活用しよう

コンサルイメージ上記のようなミスマッチの要因をチェックしていると、自力でより良い転職先を選ぶことは、かなり困難であることがわかります。

そんな時におすすめしたいのは、転職サービス。専門のコンサルタントが希望条件を確認し、膨大な情報の中から最適な求人を紹介してくれます。

またインターネット上では非公開の求人情報や、企業への逆打診など、カスタマイズされたサービスを受けられるのも、大きなメリット。

これらの転職サービスは、マッチングの際に企業側から報酬を受け取っている場合が多く、求職者は無料でサービスを利用できるから、安心です。

自身の希望をしっかり把握してくれるプロのサポートを活用し、転職を成功させてください!

公認会計士さんが登録するべき転職サイトはこの3つ

 

 
 
優良求人が見つかる公認会計士のための転職サイトなび