優良求人が見つかる公認会計士のための転職サイトなび

公認会計士の転職をサポートする優良求人掲載サイトを紹介しています。

 

スキルを活かしたキャリアアップへの道

このページでは、公認会計士の多彩なキャリアアップ法を紹介しています。

公認会計士のキャリアアップについて考える

歩く人ひと昔前の公認会計士のキャリアアップ法といえば、資格取得後、監査法人に所属し修了考査に合格。その後は経験を積んだところで独立…、というコースが一般的でした。

しかし現代は、それだけに留まらないさまざまな能力の活かし方があります。以下にその例を見ていきましょう。

コンサルティング系

キャリアアップの進路として人気なのが、コンサル系企業

会社経営に関する指導や助言を行なう経営コンサルタントや、株式公開コンサルティング、システムコンサルティング、さらにM&Aや事業再生分野に特化している企業もあります。

コンサル系企業に転職して経験を積めば、いずれ独立開業した際にも役立つことが多いでしょう。

しかし、法規や前例などに従って職務が進められる監査と違い、コンサルは千差万別なクライアントの環境を把握したうえでの、ゼロからの提案が求められます。

監査法人で培ったスキルが、すべて活かせるとは限らないことを理解しておきましょう。

一般事業会社

企業内にしっかりとした会計制度を確立し、財務や業務情報の信頼性を高めるため、公認会計士を採用する一般事業会社が増加しています。

その業務内容は、会社のタイプによってもさまざまです。

  • 大手・上場企業…決算や財務IR業務などの数値分析をもとに経営企画を立てたり、内部監査や業務監査を行なうことが求められます。
  • 外資系企業…英語力の高い人におすすめ。アカウンタント、ファイナンシャルアナリストなどの立場で、財務会計業務を任されることが多いでしょう。
  • ベンチャー企業…株式公開準備の専任スタッフとして、上場に向けた内部統制業務を担当することになるでしょう。公開後はCFOなどにキャリアアップできる可能性も。
 

自身の志向や適性に合う企業を選んでくださいね。

会計事務所

税務知識を得たい人におすすめ。中小企業にアドバイスを行う、コンサル業務を担当する可能性もあります。

ただし、税務業務の経験がない人は採用される可能性が低くなります。たとえ採用されても、年収は大幅にダウンするでしょう。

金融機関

金融監査の経験がある人は優遇されます。会計知識や分析力が重宝され、株式公開支援やファンド・投資業務を担当することが多いでしょう。

上記のように、公認会計士の就業先は多彩になっています。

しかし、「収入や労働条件を改善したい」「独立開業の肥やしとしたい」「長期にわたって勤続できる職場を見つけたい」など、転職の理由は人それぞれ。

将来を考え、自分が最優先したいのは何なのかをきちんと把握したうえで、確実なキャリアアップを目指すことをおすすめします。

 

キャリアアップするなら、こちらの3サイトに登録

 
 
優良求人が見つかる公認会計士のための転職サイトなび